上林暁文学館

上林暁文学館

2019年度 第2回上林暁文学講座

2019年8月24日 10時48分 公開     2019年8月24日 11時13分 更新

第31回企画展「上林暁と東京の風景」特別文学講座

上林暁が貧困と妻の病気と戦争に苦しんでいる時期、心の支えになっていたのが『二閑人交游図』に出て来る濱野修氏。今年のセンター試験に採用された「花の精」で多摩川へ一緒に鮠釣りに行った人です。ドイツ文学者で、国立国会図書館設立にも実務者として深く関わった方であり、上林は彼の葬儀で弔辞を読んでいます。

今回の文学講座は、その子濱野安生氏をお招きして下記のとおり行います。濱野さんは杉並区の文学散歩などの講師もされています。

       記

日 時/ 2019年9午前14時~16

会 場/ 大方あかつき館2F会議室

演 題/『二閑人交游図の虚と実』

講 師/ 濱野 安生(はまのやすお)さん(上林暁と親しかったドイツ文学者濱野修の子)