上林暁文学館

上林暁文学館

第26回上林暁の作品を読む会

2019年8月3日 10時55分 公開     2019年8月3日 11時13分 更新

「幼な友達」「田ノ浦舟遊び」「わが母校中村高校」を読む

◇日時:2019年8月17日(土)午後2時~4

◇会場:大方あかつき館・2F会議室

◇作品:「幼な友達」(故郷の本箱)

    「田ノ浦舟遊び」(全集15

    「わが母校中村高校」(全集15) 

 ※当日、どなたでもご参加いただけます。また、テキストはご用意しています。

(朗読者:山沖素子さん)

 「上林暁の作品を読む会」も第26回目となりました。これまで読まれた作品は、「ブロンズの首」「薔薇盗人」「散花」「過ぎゆきの歌」「春の坂」「野」「小さな蠣瀬川のほとり」「星を撒いた街」「白い屋形船」「トンネルの娘」「鏡」「村の学校」「弔ひ鳥」「真少女」「尊者」「スケッチ・ブック」「晩春日記」「ちちははの記」「天草土産」「離郷記」「病める魂」「小便小僧」「命の家」「花の精」と名作ぞろいです。今回も、郷土を題材にした味わい深い三作を朗読していただきます。

※企画展「上林暁と東京の風景」も開催中です。