上林暁文学館

上林暁文学館

第30回企画展「砂浜美術館の時代」

2019年4月8日 9時30分 公開     2019年5月28日 15時16分 更新

砂浜美術館30年の軌跡

上林暁の愛した入野の砂浜・松原・海を、建物の無い美術館と考えた「砂浜美術館」の活動は1989(平成元)年に始まりました。

「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。」というメッセージに象徴される砂浜美術館の30年間の軌跡を、上林暁文学館の第30回目の企画として紹介します。

「Tシャツアート展」「砂の彫刻展」「潮風のキルト展」「漂流物展」「ホエールウォッチング」などの催事の他に、砂浜に刻まれる風紋・潮紋・砂浜の植物・海亀や子ども達まで、まるごと「作品」と考える砂浜美術館の思想を伝えます。

展示期間:2019年4月8日(月)~6月30日(日)※木曜日、4/26、4/29、5/31、6/28は閉館

     平日:9:30~18:00 日曜・祭日:9:00~17:00

場  所:大方あかつき館2F上林暁文学館

※入場無料